交通事故と脊髄損傷

大きなダメージを負ってしまうことがあるのが交通事故です。

特に脊髄に大きなダメージを負うことは、重い障害を残す原因です。脳にある延髄から延長されてつながっていく部分であることが大きい要因ですが、背骨の中に脊髄が通っており、簡単には傷がつかないようになっています。

それが交通事故の衝撃によってダメージを受けると、神経系に問題が出るようになり、機能障害が出ることになるでしょう。『参照元 … 交通事故後遺症

それだけの中枢神経であり、損傷は再生させて回復させることができません。リハビリによって、できるだけ機能を回復させようと試みることになりますが、症状もつらいものになるでしょう。

実際に脊髄損傷は、重篤になってしまうと、完治することは相当難しいことになります。

脳からの指令を全身に伝える役目を持っており、脊髄損傷となると、介護をつけなければ、日常生活も送ることができないことも少なくありません。脊髄損傷の実例だけを見れば、もっとも多いのは交通事故です。転落やスポーツによっても起きることがありますが、交通事故とは比較にならない数といっていいでしょう。

損傷の程度によって段階がわかれていますが、交通事故によって重い障害を残すことも珍しくはありません。ただし、症状によっても細かく分かれてくるため、自分で判断するのではなく、医師の判断を仰ぐことが重要です。

それでも、こうした知識を一般レベルで持つことが意味が出てくるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

→損傷の度合い